Post

        

パーソントリップ調査

category - つぶやき
2011/ 12/ 07
                 
今日は、「パーソントリップ調査」についてつぶやく!

昨日、今日と家から駅に行く間で「パーソントリップ調査」を行なっている!
こんな寒い時期に昼夜を通し、調査をされている調査員さん、本当にお疲れ様です!

「パーソントリップ調査」について、なぜつぶやくか。

高校時代に良い日給のアルバイトと思い、「パーソントリップ調査」の説明会に参加したことがあるのだ!

結果は説明会を聞くだけ聞いて、いざ申し込みの際、「高校生は×」と断られ、憤慨したことを今でも覚えているからだ!

ところで、この記事をお読みいただいている貴方!
「パーソントリップ調査」って知ってる??

「パーソントリップ調査」って、「ウィキペディア」では、“一定の地域における人の動きを調べ、交通機関の実態を把握する調査。交通実態調査とも言う。”とある。

交差点ごとにパイプ椅子に座った人がたくさんのカウンターを“カチャカチャ”して、人や車を数える調査のことだ!

なにもこんな寒い時期にやることもなかろうにと、アルバイトであろう調査員に同情しつつ、心の中で「頑張れ!」とエールを送りつつ帰った昨日の帰路であったが、今朝の出勤時はちょっと感想が変わった!

家から駅までの交差点ごとに調査員が配置されているのだが、携帯ばかり見て、人が通ってもカウンターを押していない調査員が何人もいたのだ!

もともと、駅前の交差点などはあんなに人通りが多いのにアルバイト調査員がきちんと数えられるのか疑問に思っていた。
あげくに、あのような執務態度…

本当に数えられているの?

きっと、結構な予算を要しているのであろう!

費用対効果はあるのだろうか?

統計って実際に数える人が居ないからって、結構〇〇な感じがしてならない。

まあ、統計について色々、本音でつぶやいちゃうと問題もあるんで、止めとくが、調査員の皆さん、アルバイトであろうが、金を貰って仕事をしている以上、きっちり仕事をしようや!

適当にやる奴が一人でもいると,一生懸命やっている調査員のご苦労が無駄になってしまう!

いい加減な調査結果が、すんごく、いろんなところに影響するんだぞ!

携帯ばかり見ていた調査員を見て、嫌な気分で出勤した!!
                         
                   このエントリーをはてなブックマークに追加      

        

コメント

非公開コメント