2012/10/06

Post

        

ボジョレーヌーボー飲みたい!

category - 飲み物
2012/ 10/ 06
                 
なぜか最近、頭の中に浮かんでは消え、消えては浮かぶ飲み物がある!

「ボジョレーヌーボー」だ!

ボジョレー1
(去年のボジョレーヌーボー)

「ボジョレーヌーボー」とは、言わずと知れたワインの新酒である!

昨年も拙ブログでつぶやいたが、使い回しで…

『ボジョレーはフランス・パリの東南に位置するブルゴーニュ地方の南部にある地区の名前だ!

そしてヌーボーは「新酒」の意味である。

すなわち、ボジョレーヌーボーとは、ボジョレー地区というワイン産地で作られた、出来たてほやほやのワインということだ。

ボジョレー地区で収穫されるぶどうは、ガメイ種で、その年に収穫されたぶどうの品質をチェックするため、ボジョレーヌーボーを飲む習慣があるという。

ガメイ種という品種は、粒が大きくフレッシュでジューシーな味わいになるのが特徴!他の産地ではほとんど見かけない、世界的に見ると生産量の少ない品種だそうだ!

ボジョレーヌーボーは基本的には赤!ロゼはあるが白はない!

また、製法も普通のワインとはちょっと違う!

ボジョレーヌーボーは、急速に発酵させ短期間でワインに仕上げる。

この製造方法を「マセラシオン・カルボニック」製法と呼ぶそうだ。

通常のワインの製造は、ブドウを破砕し、圧搾してから発酵するが、この「マセラシオン・カルボニック」製法の場合は、ブドウはつぶさずに、そのまま使用する。

そして、急速に発酵する手順を経て、タンクの中で自然発酵させる。これにより、フルーティな香りが特徴の赤色の鮮やかなボジョレーヌーボーが完成するのだそうだ!』

「ボジョレーヌーボー」の解禁日は「11月の第3木曜日 午前0時」!世界の決まりだ!

今年の「ボジョレーヌーボー」の解禁日は11月15日!

これも昨年のつぶやきの使い回しで…

『サントリーのHPによれば、1951年9月、フランスで、軍隊へのワインの供給を確保するために、12月15日まで出荷制限するとの省令が出された。それを受けてボジョレー生産者協会は、フレッシュで心躍るようなボジョレーの新酒を、通常よりも早く販売したいと申請を起こし、その想いが通じ、その年の11月13日、許可がおり「12月15日の解禁を待たずに今現在から販売することのできるワイン」が特定された。そして、解禁されるまでは販売も飲むことも禁じた。ところがフランスは安息日に働かないお国柄で、この日が土日や祝日に重なると運送がストップして出荷できなくなってしまうため、1985年、フランス政府は安息日に重ならないように配慮し再び解禁日を定めた。

それが現在の「11月の第3木曜日 午前0時」

日付変更線の関係上、日本では本国フランスよりも早く解禁日を迎え、いち早くボジョレーヌーボーがやれるという訳だ!』

まだまだ、「ボジョレーヌーボー」の解禁日までには40日あるが、せっかちな性分からか、「ボジョレーヌーボー」が頭の中に浮かんでは消え、消えては浮かんでいるのだ!

もう既にセブンイレブンでも「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーボー2012 キュベ スペシャル フェ マン」750mlが2480円で予約受付中だ!

ボジョレー2012

普通の「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーボー」は1980円かな?

セブンイレブンでは予約を受けていない!

スクリューキャップになってから少し安っぽくなったが、やっぱ、「ボジョレーヌーボー」って言ったら「「ジョルジュ デュブッフ」だよな!

予約はしないが、今年も解禁日には飲みたいな!

でも、今年も「ボジョレーヌーボー」の解禁日は仕事でお話し合いの予定が入っている!

早く終えて、帰りにセブンイレブンで「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーボー2012 キュベ スペシャル フェ マン」を買って飲みたいな!

願望も込めて、「ボジョレーヌーボー」の解禁日を待ち侘びるEMOなのである!

みんなも11月15日には「ボジョレーヌーボー」を楽しもう!(気が早い!)


FC2 Blog Ranking


人気ブログランキングへ
                         
                         


        

コメント

非公開コメント