2012/04/15

2012年04月15日

        

久々の優作鍋!

category - そのた食べ物
2012/ 04/ 15
                 

優作鍋!

故 松田優作さんが好きだったと言う美味しい鍋(^O^)

おはようございます!

肉の御仁です!

昨日、「毎週土曜日のつぶやきはインスタント麺のつぶやきが定番となった」とつぶやいたが、毎週日曜日は、前日に作った料理のつぶやきが定番になった!

早くもブログネタが切れてきたのと、読みながら私の顔が浮かぶ読者が多く、なかなか、本音のつぶやきができないのも理由なのかな!(むかつくことのつぶやきなら毎日山ほどあるが…つぶやくとまずいよな!)

さて、昨日は久々に「優作鍋」を作った!

買い物に行く前、女房から「今日の夕飯何にする?」と問われても、一つ覚えの「ステーキ」としか浮かばなかったが、女房から却下され、「鶏団子鍋にしよう」と買い物に出かけた!

買い物に行く途上の車中で、ふと頭に「優作鍋」が浮かんだ!

我が家では肉好きの長男はあまり「優作鍋」が好きではないが、あまり肉を好まない二男は「優作鍋」が好きである。その日の夕食は長男は外食!

「そうだ!優作鍋にしよう!」

ということで、夕食のメニューは変更された!

「優作鍋」は、拙ブログでもレシピを紹介した超簡単な料理だ!

優作鍋のレシピ

料理が趣味で、料理によりストレス発散する私としては、物足りない料理であるが、今日は20日に予定されている「肉・肉・肉オフ会」の参加者カードやら名札などの作成に時間を要す!料理に割く時間はない!

「優作鍋」は最近食していなかったし、今日の味覚にピッタリだったのだ!

スーパーで「優作鍋」の2大主役、「豚バラスライス」と「もやし」を購入!

肉にこだわる私としては、豚バラスライスは、米国産100g139円を274g、国産100g159円を236g、国産黒豚100g239円を174gと3種を購入した。

優作鍋 1

優作鍋 2

優作鍋 3

本当はこれに「東京X」のバラスライスも欲しいところだが「東京X」で、「優作鍋」やったら、結構な高級料理になっちゃうもんな!それに、最近手に入りにくくなっちゃったし…

もやしについても、安い「緑豆もやし」ひと袋29円を2袋、「小大豆もやし」ひと袋69円を2袋購入!

優作鍋 4

買ってきたもやしの袋を見ると「緑豆もやし」は神奈川県産なのに、「小大豆もやし」はアメリカ産だって…もやしも輸入品なんだねぇ!

「緑豆もやし」ってよくある普通のもやしであるが、「小大豆もやし」って独特の歯ごたえがあり、これがまたうまい!我が家は、「優作鍋」には2種類のもやしを入れるのだ!

さて、「優作鍋」を作る!

我が家は大きな土鍋がないので、深型のフライパンに簡易蒸し器を置き、簡易蒸し器の底が被らない程度に水と少量の日本酒を入れ、簡易蒸し器に小大豆もやし、緑豆もやしの順にもやしの山を作る!

もやしの山の麓に、薄く斜め切りした長ネギを並べる!(本当は肉を並べた上から、みじん切りした長ネギを掛けたいのであるが、二男が長ネギ嫌いなので、この方法でネギを入れている)

あと、3種のバラ肉でもやしの山を肉の山へと変えていく!今回は、黒豚、米国産、国産の順に並べていった。

優作鍋 5

考えてみると「優作鍋」ってもやしの上に豚バラ肉を重ね乗せしているが、「もやし」も「畑のお肉」って言われているので、「畑のお肉にお肉を乗せる」肉好きにはたまらない料理なんだな!

あとは、もやしと肉で作った山の入った深型フライパンに別の深型フライパンを蓋として重ね、カセットコンロで熱していけば、フライパンとフライパンが重なって、豚ともやしが蒸された「優作鍋」が出来上がる!

優作鍋 6

優作鍋 7

落ちた豚の脂を身にまとったもやしと豚バラ肉の絶妙なバランス!


「甘〜い!!」

豚肉の甘味が感じられる、本当に美味しい料理だ!

麓のネギも良いアクセントに!

職場の後輩は、これに春雨を混ぜると言う。なかなかのアイデアだね!

春雨も豚の脂を吸収して旨くなるんだろうな!また、食感の組み合わせも良さそうだな!

今度、やってみよう!

皆さんも、「優作鍋」作って味噌!!

FC2 Blog Ranking