ヘッダー画像

プロフィール

肉の御仁

Author:肉の御仁
肉の御仁です!
お酒大好き!お肉大好き!料理も大好きなオヤジです。
元山岳部!
アウトドア料理から入ったおうちグルメが大好きな自称グルメ(^◇^)
お肉!お酒!インスタントラーメンを中心につぶやきます(^◇^)
合言葉は「肉・肉・肉!!!」

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レシピ
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

欲しいものがここにある!Amazon

    
            

ハウス食品のインスタントラーメン → チャルメラ ちゃんぽん

2012/04/07
category - インスタントラーメン
コメント - 2
                         
今日は、久々にインスタントラーメンについてつぶやく!

私はインスタントラーメン、袋ラーメンが好きである!

今までも、何回もインスタントラーメンについてつぶやいた!

ふと、思ったのだが最近、ハウス食品のインスタントラーメンをあまり見かけない!
(イトーヨーカドーでたまに、「うまかっちゃん」の色んな種類を置いてあることがあるが…)

日本即席食品工業協会のホームページによると
「1973(昭和48)年8月、インフレのさなか、ハウス食品が「ハウスシャンメンしょうゆ味」(100g/40円)で市場参入を果たしました。同社にとって、インスタントラーメン市場への参入は創業60周年記念事業のひとつでもありました。「ハウスシャンメンしょうゆ味」は予定を上回る売上げを実現し、翌年には塩味、みそ味を加え、売上げ100億円の大台に乗せる勢いをみせます。」とある。

当時はインスタントラーメン1袋40円、今は100円だよな!と言っても安売りで買うので、実質1袋60円くらいか…あんまり値段は変わってないね!

私は、欧陽菲菲がCMしていた「王風麺(ワンフーメン)」がとても好きだった!

ハウス3

白湯スープが売り物で、全国区では初の豚骨系白濁スープだった。

あっさりしているにも関わらずコクがあり、とても美味しいラーメンであった!
このころは、良く「王風麺」を食っていたな!

昭和54年の発売だったようだ!

しょうゆラーメンでも、ハウス食品は「本中華 醤」って言う美味いラーメンを出していた。

ハウス1

大橋巨泉がTVで、「なんちゅうか 本中華」ってCMしていた!

「本中華 醤」は、ノンフライのたまご麺が美味しい、醤油ダレも非常に美味しい本格派のインスタントラーメンだった!

これも本当に美味かったなあ!ハウスは、たまご麺でうっていたっけな!

その後もハウス食品は「好きやねん」シリーズや「うまいっしょ」シリーズ、「細打名人」など、美味しいインスタントラーメンを発売していた。

ハウス2

「細打名人」もしょうゆの味がなんとも言えず、美味しい中華そばって感じだったなあ!

今だとマルちゃんの「昔ながらの中華そば」に似た味かな!

本当に美味しいラーメンを一杯出していたハウス食品も今では、「うまかっちゃん」シリーズと「好きやねん」の2ブランドのみしか販売していないようだ!

まあ、「うまかっちゃん」は「博多 からし高菜風味」「久留米風とんこつ」「熊本 火の国流とんこつ 香ばしにんにく風味」「宮崎名物 鶏の炭火焼風味のとんこつしょうゆ味」「鹿児島 黒豚とんこつ」と普通のうまかっちゃんの6種類も出しているので、ハウス食品のこだわりは感じるが…

また、美味しいインスタントラーメンを一杯、出して欲しいなあと思うEMOでありました!

今日はハウス食品のインスタントラーメンの在庫がないので、明星食品の「チャルメラ ちゃんぽん」を食す!

「あさり」をたっぷり使った、具沢山のちゃんぽんだ!

チャル1

チャル3

野菜もお肉も具沢山で作る!

チャル2

今日も美味しく出来ました!あさりの旨みがたっぷり!うんま〜い!!

チャル4

でも、今度「王風麺」を食べたいなあ!!


FC2 Blog Ranking


人気ブログランキングへ
                



                
                                      
    

検索フォーム

カテゴリ

男の料理ランキング!

リンク

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

プライバシーポリシー ほか